×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

資格を取るための勉強法

今の仕事の職種に近い、またはプラスになる資格を選び時間をつくる。難しい試験なら、平日は2時間はしっかり確保しましょうね。
特に週末は酒のお誘いなど誘惑もありますが、翌日時間を取るためにほどほどにしましょう!通勤に電車を利用しているなら、スキマ時間をうまく利用する、細切れの時間でも有効に使うことが資格試験合格につながります。読むこと、耳から入れることを使い分ける。読むだけでも耳だけでもは合格できません。
スケジュールは必ずたてる振返りも必要。変更ももちろんあり。一定の時間を捻出しなければ、資格試験に合格できません。特に法律系は最初がつらいですね言葉が難解ですから。
ある程度進むと問題集に移れるので、面白くなってくるかもしれませんが・・・

資格試験のおススメ勉強法

まずは、資格試験の学習を実践することです。当たり前だろって方、でも怒らないでくださいね脳はつまらないことでもやり始めるとハマるという性質があるらしいのです。
勉強法を探したいのも分かりますが、まずはそこにあるものをやるべきです。学校の勉強ならば、教科書や、ノートを別のノートにまとめる、資格試験受験ならスクールのプリントなど、とにかくやることが必要なんです。
それじゃ特別な勉強法じゃないじゃん!!と思われるかもしれませんが、効率の良い勉強法の本を沢山買っている人は、一番初めのとにかくヤルということが出来ない人なのです。
まずはすぐに出来ることを15分だけやってみてください。それではお勉強がんばってください。^^

超勉強法!!

『超勉強法』の中で述べた「勉強のための基本3原則」は、つぎのようなものであります。
(1)勉強は本来は面白いもの、だから、面白いことを勉強しよう。または、勉強のやり方を工夫して、勉強を自体を面白いものにしよう。
(2)部分から積み上げるのでなく、全体から理解しましょう。本を読も時のように大まかにあらすじを理解するこよにより、細かい部分も理解しやすくなります。
(3)8割できたら先へ進みましょう! これは、主として学校で勉強をしている学生を頭において述べたものです。
実際に仕事にたずさわるビジネスマンを対象として資格試験強法をこの3原則を言い換えてみると、つぎのようになります。
(1)パラシュート資格試験勉強法:基礎から積み上げるのでなく、目的を達成するための最短距離を実現する方法を採用しよう。
(2)8割原則:8割できたら先に進もう。
(3)パレート法則:2割を制するものは、8割を制する。
どうですか?お役に立ちましたか?

Copyright © 2007 資格を取る超勉強法